近藤医院のリハビリテーションについて

入院・短期入所

当院の病棟には一般入院病床と短期入所療養介護の病床があり、それぞれの疾患を持つ患者様(利用者様)に対して、専門的な手技・知識をもった理学療法士が関わり、その方に合わせた目標に向かって心身機能の維持・向上に努めてまいります。

【対象疾患例】

〇運動器疾患 →  骨折、腰痛症、変形性関節症など 痛みを伴う運動器疾患

〇脳血管疾患 →  脳梗塞・脳出血や高次脳機能障害、パーキンソン病など

〇呼吸器疾患 →  肺炎、慢性閉塞性肺疾患など

外来リハビリ

当院では医師の指導の下、各種物理療法、リハビリを行っており、患者様ひとりひとりの生活に最大限に寄り添った治療の提案を心がけております。リハビリテーションは理学療法士が主に行います。まずは患者様の全身評価を行うことから始まります。その後、患者様に治療プログラムを説明し、予約制で個々の患者様に応じたリハビリテーションを行います。物理療法のみの場合、ご予約は不要ですが、混み合っている場合はお待ちいただく場合がございますので、予めご了承下さい。

□ 物理療法 □

物理療法は、効果が優れていると思われる機器を選定し、リハビリテーション機器を導入しています。ウォーターベッド、EMS、SSP、などの電気治療、頚椎・腰椎牽引器治療、ホットパックなどの温熱療法も各種取り揃えております。

〇ポラリスカイネPO-3i - EMS治療部位の表面から深部まで、リズミカルに次から次へ押し寄せる電気刺激が血流を増やし、疼痛緩和効果が期待できます。

〇主な効果炎症や痛みの緩和筋萎縮の予防(運動麻痺組織への筋再教育)局所血液循環の改善

〇適応疾患・胸郭出口症候群・肩こり・筋筋膜性腰痛、慢性腰痛症・変形性関節症・関節リウマチ・帯状疱疹後神経痛・脳卒中後遺症・筋再教育

〇SSP治療 (低周波療法)SSP治療器とは、ごく狭い範囲にパルス刺激を与え、鍼治療に似た効果が期待できます。
SSP電極を[ツボ]に置き低周波通電を行うツボ表面刺激療法です。鍼を挿入した場合に近い刺激効果が得られ、[鍼を刺さない鍼療法]と呼ばれ海外でも高く、評価されています。
血行を良くし鎮痛・消炎効果が期待できるもので、腰痛や背部痛などに効果があります。

〇ハイドロ・パックメル - ホットパック保湿力に優れたパックにより患部を暖めます。代謝亢進、血管拡張、軟部組織を柔らかくするといった作用があります。簡便に素早く効果が得られるため、他のリハビリの前に行ったり併用する事が多いです。
筋疲労や疼痛、肩こり、血行改善などに効果があります。

〇(腰椎牽引治療器・頸椎牽引治療器)- 牽引頸の痛みや腰の痛み、また頚部や腰部の神経の圧迫症状として、手足のしびれがある場合に行います。せぼね(脊椎)の痛みを起こす場所(椎間関節や椎間孔など)へのストレスを軽減させる効果があります。

〇ベッド型マッサージ - WBウォーターベッドタイプならではの浮遊感に抱かれながら、「水」の流体特性を応用し、「手もみ」の力強さと心地よさを実現。水圧刺激により、肩から腰、下肢にかけての筋肉・腱・靭帯の凝りをやさしくほぐし、血行の改善を促進します。リラクゼーション効果に優れています

〇訪問リハビリ
サービス利用者の方が、住み慣れた地域で安全に楽しみながら生活を送って頂けるように、サービスを提供しています。ご自宅での不安な点を少しでも解消できるように

利用者の身体の状態や自宅環境に合わせた支援を行っています。  → こちら

2017年9月28日